ネパール語で「発見」
by roman-tan
ブログパーツ
カテゴリ
発見
NPO法人
新しい公共支援事業
指定管理者制度
公共交通
森林
シカ被害
甲斐犬マヤ
庭の植物
Nepal
DMV
映画とか・・
Vietnam
ヤギのタロチャン
がん治療
最新の記事
河津平安の仏像展示室
at 2016-07-24 09:23
議員
at 2016-06-16 03:06
コンニャクイモの花
at 2016-06-16 03:01
寿春
at 2015-01-01 21:01
寄附
at 2014-07-16 06:32
公聴会
at 2014-07-13 07:53
at 2014-03-18 05:15
クロアチアの塩
at 2013-12-01 17:25
ブーケ
at 2013-12-01 12:36
新しい公共支援事業が終わった
at 2013-04-28 18:33
NPO法人と資格
at 2012-09-23 20:20
MAURITSHUIS
at 2012-09-15 16:29
モロヘイヤ
at 2012-09-10 20:31
双葉町の人
at 2012-09-01 21:46
木漏れ日
at 2012-08-20 19:08
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2015年 01月
more...
お気に入り
ライフログ
お気に入りブログ
《 盆草遊楽 》
私のNPO LIFE
京都写真(Kyoto P...
旅空日記(写真家・三井昌...
子己庵生活
team nakagawa
最新のトラックバック
ガラスの森
from 川崎で働くガラス工芸研究所ス..
窯出しのおこぼれのガラス
from 川崎で働くガラス工芸研究所ス..
吹いた作品がピカッ!
from 川崎で働くガラス工芸研究所ス..
タグ
(75)
(26)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(11)
(11)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


河津平安の仏像展示室

県内最古の仏像があるということで訪れてみたかった
伊豆ならんだの里 河津平安の仏像展示室
f0077807_08155879.jpeg
撮影の許可をくださった佐藤館長の説明は大変面白かった。
f0077807_08194067.jpeg
平安時代、仏教文化が花開いた河津町
1432年の山津波で仏像群を納めていた那蘭陀寺(ならんだじ)は埋没し
掘り起こされた仏像はひっそりと南禅寺に保存されていたそうだ。
f0077807_08183434.jpeg
伊豆には他に、かんなみ仏の里美術館
来年リニューアルオープンする上原仏教美術館がある。

地域資源というのは、なかなか地元では認知されにくいものかもしれない。
信仰心が深いわけでもないけれど
いつも未来ばかりを見ていると、時に歴史がとても新鮮に映る。
過疎、限界集落、将来は消滅する地域といわれるが
ちょっと振り返ると、未来の選択肢も広くなるような気もする。



[PR]
# by roman-tan | 2016-07-24 09:23

議員

話を聞きたいという議員から連絡があるからと
プロフィールに、勤務シフトの提出を求められた。
議員というだけで
私にとっては怪しげで、胡散臭い
それにビクビクしている行政職員も見苦しい

どんな議員かと調べてみると
怪しげな感じのお方
1週間の海外大学プログラム参加を経歴に記載
こういうのって、問題になったことあったのに
よかった、選挙区でなくて

都知事の話も
世の中おかしいこといっぱいなのに
どうでもいいことばかりの議員たち
同じ穴のムジナって感じ

信頼できる救世主のようなリーダーが現れないかなあ
誰かを支持してみたいという変な願望
選挙あるけど、また消去法か

f0077807_03394796.jpeg






[PR]
# by roman-tan | 2016-06-16 03:06

コンニャクイモの花

もう1ヶ月くらい前の写真

f0077807_03024675.jpeg

死体の匂いのする花らしい。
こんにゃくイモの花
初めて見た不思議な花


[PR]
# by roman-tan | 2016-06-16 03:01 | 発見

寿春

f0077807_21015799.jpg

新年、気持ちを新たに
疲れた心に鋭気を
弱くなった心に覇気を吹き込むおしょうがつ

[PR]
# by roman-tan | 2015-01-01 21:01

寄附

寄附集めをずっと行ってきて
人を見ては、寄附について色々考える。
寄附とひとくちにいっても様々な動機付け、タイプがある。
① 緊急援助的な寄附行為
人として、自然におこる寄附行為

② 信心(宗教心)に基づく寄附行為
仏教、キリスト教、ヒンズー教等、宗教には寄附行為がつきものだ。
布施、喜捨、托鉢、教会で寄附
カースト制の中でさえ日常的に行われる富めるものから貧しきものへの寄附
善意に基づきもあり
永遠の幸福を得るため個人的な願望でもあり
どこにもその見返りの保証はないが
自分の思い達成に満足感は得られる。

こういった宗教的な寄附行為とは異なるもっと現実的な寄附行為

③ 共益のための寄附行為
みんなで使うための施設のための寄附
自分も使うし、子孫も使うだろうというもの。
地域の公民館とか色々なハード的なものかな、

④ 寄附税制優遇を見越した寄附行為
学校法人、大学、認定NPO法人や公益社団・財団等への
税制優遇措置の得られる寄附行為は、上の二つとはちょっと異なる。
これは社会人として納めるべき税を
別の形で納めるもの。
ふるさと納税をそのひとつになる。

図のように、税で納めてから配分されるのではなく
直接自分で使い途を決めて納める。
税金として納めて使うべきものも当然あるわけだけど
そうでなくてもいいものも多い。
むしろ、どこに使われるのかわからなかったり
無駄な経費に使われるよりは
自分の納めたものが可視化できる。

何でも行政がやってくれた時代が長い日本では
①〜③までがいっしょに捉えられることが多い。
もちろん、いずれの『寄附行為」も
世の中を良くしたいと思う心からおこるには違いないけれど。

f0077807_1629948.gif

(出典: http://www.setsuyaku-lifeplan.com/child/08/0314.html)

あとは、人に投資的なもの。
今集めている寄附は、将来的には③に属するものを作るための準備ということで
信用寄附とでもいうことだろうか。
[PR]
# by roman-tan | 2014-07-16 06:32 | NPO法人