北欧食器が当たるかも!Xmas料理特集!

ネパール語で「発見」
by roman-tan
ブログパーツ
カテゴリ
発見
NPO法人
新しい公共支援事業
指定管理者制度
公共交通
森林
シカ被害
甲斐犬マヤ
庭の植物
Nepal
DMV
映画とか・・
Vietnam
ヤギのタロチャン
がん治療
最新の記事
寄附
at 2014-07-16 06:32
公聴会
at 2014-07-13 07:53
at 2014-03-18 05:15
クロアチアの塩
at 2013-12-01 17:25
ブーケ
at 2013-12-01 12:36
新しい公共支援事業が終わった
at 2013-04-28 18:33
NPO法人と資格
at 2012-09-23 20:20
MAURITSHUIS
at 2012-09-15 16:29
モロヘイヤ
at 2012-09-10 20:31
双葉町の人
at 2012-09-01 21:46
木漏れ日
at 2012-08-20 19:08
猛暑
at 2012-08-17 20:01
ミレニアム
at 2012-07-29 19:38
人材不足
at 2012-05-26 17:20
山桜
at 2012-04-15 19:39
以前の記事
2014年 07月
2014年 03月
2013年 12月
more...
お気に入り
ライフログ
お気に入りブログ
最新のコメント
やまぶどうさんへ ご無..
by roman-tan at 09:38
お早うございます。 久..
by やまぶどう at 08:05
coco-anさんへ ..
by roman-tan at 06:34
最新のトラックバック
ガラスの森
from 川崎で働くガラス工芸研究所ス..
窯出しのおこぼれのガラス
from 川崎で働くガラス工芸研究所ス..
吹いた作品がピカッ!
from 川崎で働くガラス工芸研究所ス..

タグ
(75)
(26)
(19)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(11)
(11)
おすすめキーワード(PR)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
XML | ATOM

skin by excite


寄附

寄附集めをずっと行ってきて
人を見ては、寄附について色々考える。
寄附とひとくちにいっても様々な動機付け、タイプがある。
① 緊急援助的な寄附行為
人として、自然におこる寄附行為

② 信心(宗教心)に基づく寄附行為
仏教、キリスト教、ヒンズー教等、宗教には寄附行為がつきものだ。
布施、喜捨、托鉢、教会で寄附
カースト制の中でさえ日常的に行われる富めるものから貧しきものへの寄附
善意に基づきもあり
永遠の幸福を得るため個人的な願望でもあり
どこにもその見返りの保証はないが
自分の思い達成に満足感は得られる。

こういった宗教的な寄附行為とは異なるもっと現実的な寄附行為

③ 共益のための寄附行為
みんなで使うための施設のための寄附
自分も使うし、子孫も使うだろうというもの。
地域の公民館とか色々なハード的なものかな、

④ 寄附税制優遇を見越した寄附行為
学校法人、大学、認定NPO法人や公益社団・財団等への
税制優遇措置の得られる寄附行為は、上の二つとはちょっと異なる。
これは社会人として納めるべき税を
別の形で納めるもの。
ふるさと納税をそのひとつになる。

図のように、税で納めてから配分されるのではなく
直接自分で使い途を決めて納める。
税金として納めて使うべきものも当然あるわけだけど
そうでなくてもいいものも多い。
むしろ、どこに使われるのかわからなかったり
無駄な経費に使われるよりは
自分の納めたものが可視化できる。

何でも行政がやってくれた時代が長い日本では
①〜③までがいっしょに捉えられることが多い。
もちろん、いずれの『寄附行為」も
世の中を良くしたいと思う心からおこるには違いないけれど。


(出典: http://www.setsuyaku-lifeplan.com/child/08/0314.html)

あとは、人に投資的なもの。
今集めている寄附は、将来的には③に属するものを作るための準備ということで
信用寄附とでもいうことだろうか。






■  [PR]
# by roman-tan | 2014-07-16 06:32 | NPO法人

公聴会

先日、知事の公聴会というもの
初めて傍聴した。
きっと、行政が選んだ人たちのいい話があって
地域にはこんなに頑張っている人たちがいるんですよー、しゃんしゃんなんだと思ってた。
そこで、いくつか地域課題とか
提案が聞ければいいか、くらいしか
期待してなかった。
発言者の中にはきちんと要望を出してくれた方もあったし、珍しい話も聞けたし、ぼんやりした話もあったけど、アリバイ的な公聴会としてはこんなもんかと感じていた。

ところが、そのまま終わりにはならなかった。
傍聴席からの意見、質問がおもしろかった。
主催者の意図と全くかみ合わなくて。

わかったことは
政治家はリップサービスが過ぎると話が乱暴になる。
現場レベルの具体的な情報を持っていなくて言い訳みたいに聞こえてしまう。

当然だけど、高齢者しか傍聴には来れない。発言すべき納税者の多くは来れなくて、彼らが投じた議員さんたちが傍聴。

公聴会の模様は記録として後日HPで公開されるそうだけど、どうまとめるのか興味がある。

自助、共助、公助
バランスが必要なはずだけど
公助、大丈夫?と
不安になった公聴会だった。
■  [PR]
# by roman-tan | 2014-07-13 07:53



知らないうちに春が来てたんだなあと思った。沈丁花や菜の花が満開、柔らかな日差しが溢れてる。

張り詰めていた気持ちも何となく緩やかになるのは、季節のせいだろうか。

今朝は早く目が覚めてしまって
久しぶりのブログ
■  [PR]
# by roman-tan | 2014-03-18 05:15

クロアチアの塩



まろやかな味のクロアチアの塩

年末年始はこれでやってみる。
■  [PR]
# by roman-tan | 2013-12-01 17:25

ブーケ

記念日のブーケ


■  [PR]
# by roman-tan | 2013-12-01 12:36
< 前のページ 次のページ >