アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

NPOの解散

解散するNPO法人も最近増えているのだけれど
解散に関する腑に落ちない話、最近いくつか耳にした。
基本的なNPO法人の理由
①知らないうちに理事をはずしてしまった法人。
 また、NPO法人そのものの名前も変更されていた。
 理事であったにも関わらず、何の連絡もなかった。
 最近調べてみて判明したが
 狭い地域で事を荒立てるのは嫌なので黙認。
公文書偽造にならないのだろうか。

②突然、期日をきった解散宣告が会員に行われたNPO法人。
 定款との整合性もあるだろうが、総会もなしに決定?
解散の事由はNPO法31条に定められていて
総会での決議は事由のひとつであり必須条件ではないけど・・・

③解散ではないけれど
 半ば乗っ取られたような形の理事長交代劇
法人としては継続しているけれど
活動はいかに?という状況だ。


会員が問題化しない限り
多くの場合は揉め事をさけて、大きな波に乗って物事は進む。
NPOの場合はそれほどの不利益を得る人もいないので
関係者も問題を表面化することもないし
したところで、悪者になるのが関の山・・・ということだろうか。
[PR]
by roman-tan | 2008-12-30 00:13 | NPO法人