アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

住みたい都道府県ランキング

住みたい都道府県ランキングというのがあって驚いた。
NHKの全国県民意識調査によると、住む場所を自由に変えられるとしたら居住県以外でどの都道府県に住みたいですかという質問への回答として最も人気があったのは北海道であり、全国の9.5%の票を集めた。北海道に次いで、静岡が5.8%で人気が高く、これに、東京の5.7%、神奈川の5.0%、京都の4.5%、沖縄の3.5%と続いた。関東では東京がトップであるが、関西では、大阪ではなく京都がトップとなっている。
北海道についで静岡なんだ。
富士山と東海道の茶の香り、温暖で過ごしやすい風土が寒冷地域の人たちから好まれているといえる。
気候的には確かに住みやすいのかもしれないけど
北海道の大自然の中に住みたいし
日本情緒あふれる京都にも住んでみたいし
近場では、箱根に住みたいと思っている。

地域活性化とか、「地域」というよく出てくる言葉
「地域の定義」は人によって違うものだなあと、最近つくづく思う。
その人の経験値というか、行動半径によって「地域の概念」がずいぶん異なる。
ご近所重視、市町重視、県重視・・・時々話が噛み合わなくもなる。

行政区で無理やり線引きされるのは、もう窮屈だと感じる人も多い。
現在住んでいる市に特別な思い入れはないし、どこでも住めば都。
地方分権化が進むと、もっと地域、地域ってなるのだろうか。
地域の特性は大切だし、守る必要はあるけど
小さな箱詰にされそうで、逃げ出したくなる。
[PR]
by roman-tan | 2009-01-16 19:57 | 発見