アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

ウサギの糞

庭の片隅の木陰にあった糞の山は
ウサギのものだと結論づけてみたけど
シカかウサギか、どちらも草食動物なのでチョッと自信がない。
山羊のタロちゃんもこんな糞をしてたけど、もっと黒くて丸かったような気がする。
大きさは1センチくらいで、かなりの量があった。

f0077807_14453491.jpg


シカの糞は、いろいろな形をしていますが、基本的に俵型です。ただし、軟便の場合は、いくつかの糞がひっついていることがあります。ウサギの糞は、饅頭型です。カモシカやヤギはシカの糞に、カイウサギはノウサギの糞に似ていますが、シカとウサギの両者を間違うことはあまりありません。大きさは普通は直径1cm程度ですが、小さい個体は小さい糞をします。(「シカとウサギのツブツブ糞探し」より)


先週の夜中、2匹の犬たちが大騒ぎをしていた。
いつもはあまり吠えないマヤまでが、いつまでも吠え続けた。
何事かと見回ってみても、何もみつけられなかった。

おそらく、野うさぎが、庭で一晩を過ごしたのだと思う。
落ち葉が多い木陰で寒さを凌いだのだろうか。
姿を誰一人目撃していないけれど
以前、薄い茶色の野うさぎが
道路をピョンピョン横切っているのは見たことがある。

まさか、シカじゃないと思うけど・・・
[PR]
by roman-tan | 2009-01-26 14:58 | 庭の植物