アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

お雛さま

節分、バレンタインデーが過ぎると店先には雛あられが並び
お雛さまを飾らなくっちゃと思いはじめる。

f0077807_1993798.jpg


毎年のことなのに、写真も見るのに
どこだっけ、みなさまの定位置がわからなくなってしまう。

雛人形のサイを見て

     上から五段目のお三方は『仕丁』(衛士)
     いろいろなお仕事のお世話をして
     泣き上戸、笑い上戸、怒り上戸の三人一組
     御所の掃除道具の箒、塵取、熊手が持ち物
     関東では大名行列の沓台、台笠、立笠を持った飾りもある。

長年気になっていた、この3人の正体がやっとわかった。
泣き上戸のお仕事は、お葬式だろうか。
笑い上戸はピエロみたいな役回りかな。
怒り上戸って・・・何の役に立つんだろう。
それとも、宴席での役回りだろうか。

f0077807_19241640.jpg

これで、桃の花が咲くまでの長丁場となる。
[PR]
by roman-tan | 2009-02-17 19:27 | 発見