アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

墓地

どうでもいいんだけれど、気になっていた。
どうして、田んぼの中に2,3基だけの墓地があるのだろうか。
田んぼでなく、住宅街や道路脇のこともある。
当然、それらは古いものに違いないとは理解しているけれど
お墓はお寺や霊園にあるものだと思っていていたし
周りの景観と、明らかにそぐわないぽつんとある墓の存在が気になる。
田舎に行くと、村はずれに墓地があるのは見たことはあるが
気になるのは、墓地といえないほどの小さなもの。

墓地は経営形態により4つに分類されるそうだ。
   1 村落共有墓地
   2 寺院境内墓地
   3 地方公共団体による公営墓地
   4 民営霊園
村落共有墓地は、墓地や埋葬等に関する法律が制定される以前から村落の住民が共有していた墓地のこと。現在では新たに墓地を作る場合は法律にしたがって都道府県知事の認可が必要なので、こうした墓地を新たに作ることはできない。各地には多くのこうした墓地がそのまま認められている。
2,3基のお墓だけになってしまったのは
きっと他のお墓は寺に引っ越したせいかもしれない。
そういえば、お墓の引越しアルバイトをやったことがある友人がいた。
「時給がよかった」と驚いていたけど・・・

区画整理に引っかかりそうな小さな墓地というか2,3の墓
もともとは村はずれだったのかもしれないけど
現在は大通り沿いになったりで
墓は肩身の狭い思いをしているようにしか見えない。

まあ、どうでもいいんだけど・・・


f0077807_20573734.jpg

[PR]
by roman-tan | 2009-03-05 21:03 | 発見