アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

空港と知事

<静岡県知事>辞意表明へ…空港開港の延期問題で
静岡県の石川嘉延知事(68)は、航空法の高さ制限を超える立ち木問題で静岡空港の開港延期を招いた責任を取って辞職する意向を固めた。25日午後、記者会見して表明する。立ち木の伐採のめどが立っていないため、空港は滑走路を短縮して予定より3カ月遅れの6月開港が決まっている。
 滑走路西側の私有地にある立ち木や土地は、土地の収用時のミスで残され、昨秋問題が表面化。伐採などを巡る地権者と県の交渉が難航。滑走路を当初の2500メートルから2200メートルに短縮し3月開港は延期された。地権者は伐採条件として、知事の辞職を要求していた。
お昼のニュースで流れていた。
辞めるしかないのか、とうとう辞表なのか
空港はそれほどのものだったのか、よくわからない。
調査不足や交渉不足の手落ちは誰もが知るところで
これで開港に関しては決着がつくのだろうか、あまり興味もない。
でも、開港してからの心配は大きい。
どれだけの赤字を引きずっていくのだろうか。

知事が替わったとして、空港の滑走路が長くなる以外
何か状況変化はあるのだろうか。
少なくとも私が関わること、NPO関係では
たった1年で担当の人が替わるんだ(どうして)、くらいだけど。


f0077807_124686.jpg

[PR]
by roman-tan | 2009-03-25 12:49 | 発見