アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

ダウラギリ

ヒマラヤ登山をネット中継 札幌の登山家が自ら撮影
世界7大陸最高峰の単独無酸素登頂を目指す札幌市の登山家栗城史多さん(26)が15日、ヒマラヤにある世界第7位の高峰ダウラギリ(8、167メートル)を登る様子を撮影し、インターネットで生中継した。高度に体を慣らすため登った標高6500メートル付近で約40分間中継し、公式ホームページで公開。映像は何度か途切れながらも、快晴の中、雪で真っ白に輝くヒマラヤの山々が映し出された。

栗城史多オフィシャルサイト
ライブ中継
本人撮影
ブログ

すごい映像!
美しい薪の形のダウラギリ、神々の座と呼ばれるヒマラヤ。
聖域に入り込んでしまったという感じがする。
それにしても高山病はやっぱりとても苦しそう。
私は富士山よりちょっと高い位の村までしか行かなかったけど
それでも頭痛と吐き気がひどくて苦しかった。
富士山の倍以上の高度、想像も難しい。

挑戦を続ける姿、死と常に隣り合わせに身を置くことで生を感じているのだろうか。
単独無酸素
つい、死なないでねと願ってしまう。

f0077807_2342750.jpg

[PR]
by roman-tan | 2009-05-15 23:46 | Nepal