アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

住宅用火災警報器

市町村によって義務付けられる時期が異なるらしいが
住宅用火災警報器のこと
自分の家についてはすっかり忘れていた。
私の住む所は、既存住宅において平成21年6月1日から義務付けられる。
市のHPを見ても国のコピーみたいだから、そんなにうるさくないってことか。
住宅用火災警報器設置義務化開始年別マップ(消防本部別)

 住宅用火災警報器は大きく分けて、煙を感知して火災の発生を警報音または音声で知らせる「煙式」と、熱を感知して火災の発生を警報音または音声で知らせる「熱式」の2種類。煙や熱のほかにも、ガス漏れなども感知する「複合型警報器」もあり。耳の不自由な方は、光を発する機器などを取り付けることにより、音以外の方法で火災を知ることも可能。壁にかけるタイプと天井に設置するタイプがあり。電源には、電池タイプと家庭用電源タイプ(政府広報オンラインより)

新築の場合は建築の段階でチェックが入るだろうけど
既存住宅の場合は?・・・検査に来るのだろうか。
あわてて台所は取り付けたけど、いくつないといけないとか・・・

調べてみたら、自己責任分野なので罰則はないそうだ。
火の用心にこしたことはない。

f0077807_19443122.jpg

[PR]
by roman-tan | 2009-05-25 19:48 | 発見