アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

県知事選挙

今日投票所入場券が届いていた。
6月19日から期日前投票ができるって・・・明後日だ。
明日20日告示、そういえばポスター用の看板を見かける。
まだ、誰がなんだかよくわからない。

先日民主党から色々資料が郵送されていた。
知り合いが事務局をやっていて、頼まれて名前を書いたのを思い出した。
だとすると、自民党にもいつか書いたような気がする。
選挙の時は誰にも「頑張ってください」が基本だ。
自民党からは何も送ってこないけど、「女性を知事に」と言われてことはある。
無党派層なので、基本的に人で選ぶ。
女性だからとか、何々党だからでは選べない。

ちょっと頼りなげな自民党候補者のマニフェスト
「あなたどなた?」と思った民主党候補者のマニフェスト
民主党の方が、書き方に具体性があって明確だと思う。
県政への住民の自主的参加を促します
★ 「県民目安箱」を県庁および各市町に設置するとともに、ホームページを活用するなどして、県民の意見を広くお聞きします
県民活動を支援する1%活用運動の導入をはかります(県民税の1%を納税者の希望により、NPO などの活動に助成する基金条例等の制度の検討・実施)。
★ 大規模な公共事業については、計画段階から住民が参加する仕組み(パブリック・インボルブメント等)を制度化します。

この候補は、先日の記事に対してどう考えているのか興味がある。
冷静な判断ができるのか、それとも票取りにまわるのか。
それと不安は
この県のこと・・・わかってる?と思ってしまう。


いっぽう自民党、好みとしてこういった漠然とした書き方は好きではない。
ふわわ~んとした感じで耳障りはいいけど・・・何をするのかよくわからない。
この人は前知事の方向をそのまま引き継ぐのだろうか。
出身地域では強い支持があるようだ。

全国的にも注目度の高い選挙というが
今のところ、メディアで騒ぐほどの盛り上がりは感じないけど
面白いのは確かかも。


f0077807_21212414.jpg

芳しい、くちなしの花

[PR]
by roman-tan | 2009-06-17 21:25 | 指定管理者制度