アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

待ち時間

どうしてこんなに待ち時間が長いんだろう。
診察の予約時間があっても関係ない。
歯科医から病院まで、どこでも診察までの長い時間。
予約時間の決め方、もうちょっとどうにかならないかと思う。
医師、看護士不足だから我慢しないといけないのだろうか。
アメリカで医師に会う時の予約時間はきっちりしていた。
高い値段のせいだけでもなかろうと思うけど・・・

私の担当医、いつも患者がいっぱいで
診察の日は終わるのが一番最後なんじゃないかと思う。
私は二度、彼女の診察が最後のことがあった。
他はもう清掃が始まり、消灯した診察科もあるし
会計の窓口も終わってしまい、外は真っ暗。
週に2回外来診察があるけど、どちらも混んでいる。

術前検査が全て終わった。
結果と今後の方針が文書化され、口頭で説明かつ質問にも応えてくれる。
にわか勉強で得た知識を携えて、理解しよう、納得しようと話を聞く。
患者が主体的に関わるとか、治療を選択すべきだとか言うけれど
そのためにはかなりの情報収集が必要であり、現実には難しい。
どうしたって、医師主導になっていく。
だから、あとは担当医をどれだけ信じられるかになってくる。
説明の一つひとつが、患者の同意の元に論理的に進むけれど
途中、それが不可能な場面がどうしたってでてくる。
あとは医師に委ねるしかない、信頼するしかない。

初診からひと月半
自覚症状は全くないのに、徹底的な検査のせいか
他が具合悪くなって、最悪の体調に陥った。
いったい私は何の病気だったのかわからなくなる。
どうしても時々気弱になってしまうけど
「かわいそうに」という同情的な目は歓迎しない。

術後の自分の姿が想像できないのに
回復したらあれをしよう、これをしようとか考えている自分も可笑しい。

f0077807_18501677.jpg

[PR]
by roman-tan | 2009-07-02 18:54 | がん治療