アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

地震予知

ものすごい揺れは、家が壊れるまで続くのだろうかと思った。
布団の中で、とても長い時間に感じた。
台風の影響か、遠くで雷が不気味に鳴っているなと思ったらの地震
震源地近くへの電話はかかりにくかった。
震度5弱だった市内の一部では断水箇所もあるらしい。

地震のわりに被害は小さいような気もする。
いつかやってくるだろう大地震のために
ずっと前から、心構えから色々な面で準備をしてきた賜物だろうか。
でも、地震予知というのは今もって不可能だということ。
日曜日にも地震があったけど
今日のこれだけの地震を、前もって予想する科学技術はまだ存在しないらしい。
NPO法人地震予知協会たるものもある)

ただ、2日くらい前から犬の様子がおかしかった。
甲斐犬マヤは地震が終わったら「クウ~ン」と恐がっていただけだけど
もう一匹の、誰が来ても怒り吠える雑種犬は、地震の直前も吠えていた。
吠えまくるけれど、理由がなければ吠えない犬。
その理由がわからなくて、昨日も体が悪いのかと心配したりもした。
夜中もどうしたんだと・・・・

大きな地震後の余震時も、私たちの方を見ては訴えるように吠えていた。
因果関係は定かではないけれど
少なくともヒトよりは、何かを察知していたのだろうか。
犬語が話せたらなあと、つくづく思う。

家の被害はほんの少しだけ。
壁に飾ってあった魔よけの仮面がひっくり返っていた。
お茶碗が飛び出て2枚割れた。

f0077807_11343712.jpg


今回のは予想される東海地震とは異なるそうだ。
再度、地震グッズのチェックをしておかなくっちゃ。
テントや寝袋もということで、キャンプ・グッズとほとんど同じかも。
[PR]
by roman-tan | 2009-08-11 11:43 | 甲斐犬マヤ