アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

ツルボ(蔓穂)

f0077807_1955581.jpg


山地の日当たりの良い場所に自生する。
別名、参内傘(さんだいがさ)
昔、公家さんの宮中参内時、供人がさしかけた長柄の傘に似ていたことに由来。
ツルボとは
球根の外皮をとるとつるりとした坊主頭に似ていて
「ツルボウズ」から「ツルボ」の名になったという。

球根にはデンプンが多く、昔から食されていた。
イノシシも大好き!
ユリ科だから納得。

薬用として
腰痛、ひざの痛み、打撲傷に効く。
すりおろした鱗茎を患部にすり込み塗布してガーゼでおさえる。

花言葉は
「あなたの死を悼む」、「風情のある」、「我慢強い」など
野の花は素朴でいい。
[PR]
by roman-tan | 2009-08-11 20:04 | 森林