アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

放射線治療8回

f0077807_1830183.jpg


日中は猛暑が続くけれど
朝晩はとても涼しくなった。

世の中お盆だろうが、夏休みだろうが、放射線治療は続いている。
やっと8回、全部で25回の約3分の1が終了した。
治療自体はどうってことないのだけれど
毎日というと・・・それほど近くもないのでちょっと緊張感。
何かにじっくり取り組めないというか、落ち着かない。


厚い扉の向こうにあるリニアック室
頭や足を固定されて治療台にのると、なぜかサイボーグになった気分になる。
私はサイボーグで、その修理をされているという感じ。
無機的な装置や機械音のせいだろうか。


放射線治療計画に従った位置に照射し
週に1度、放射線科医師の診察を受ける。
治療そのものは、計画に沿って放射線技師が担当する。
治療は無痛であり、機械音だけが「治療中」を告げる。
この治療効果って、どうはかるのだろうか?
データに基づいた治療であるのが言うまでもないけど
私への実際の効果はよくわからない。
効果もわからないし、副作用も今のところわからない。
ただ、治療中もしくは治療終了後に肺炎になることがあるそうだ。
ちょっと咳がでると、オットットとなる。


f0077807_18254858.jpgf0077807_1826278.jpg






もらったお土産を食べては、束の間の旅行気分を味わう。
クッキーの方が美味しいな。
[PR]
by roman-tan | 2009-08-17 18:33 | がん治療