アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

ネギ一族

ワケギが球根で増えるということを、最近知って驚いた。
ネギはネギで、多少の品種違いかと思っていた。
九条ネギ等のネギは、種子栽培で種を蒔く。
種のまだついている九条ネギの芽(↓)

f0077807_19313495.jpg


ネギ事情、西日本と東日本ではちょっと違うらしい。
西日本
ワケギとネギは別物で、青ネギと違い独特の風味がある。西日本ではわりと区別がはっきりしていたらしい。
東日本
葉ネギの株別れが多い品種の「分けネギ」を「わけぎ」と称し、若摘みを「あさつき」として売っている。(千葉産、茨城産)東日本の人にとっては青ネギとワケギは同じような物?関東では、九条細系の若ネギや万能ネギをワケギと呼んだりして混乱しているらしい。
ネギは地方色が濃い野菜で、種類も豊富という。

タマネギの芽(↓)は九条ネギと似ている。
同じネギ一族らしい。
f0077807_19414353.jpg



ハクサイの芽(↓)は、カイワレ大根にもなれる。
どんな植物でも、種から芽が出てくる姿は感動的。
f0077807_205338.jpg

[PR]
by roman-tan | 2009-09-24 20:05 | 庭の植物