アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

岳南鉄道

雨もあがり、お天気もよくなってきたので電車を使うことにした。
岳南鉄道終点駅から商店街までの区間。
JR駅までの公共交通である岳南鉄道を利用することは殆どない。
1時間に2本、運賃も意外に高い。
でも、土日のフリーチケットを買うと乗り放題で400円。
「往復600円になるのでお得ですよ」と、親切な車掌さんがおしえてくれた。
しばらくは乗客一人きりの貸しきり状態だった。

工場の間をくぐって走っていく電車の車窓は
決して美しいとはいえないけれど、変わっていてなかなか面白い。
青空の中、電車を運転するのは気分がいいだろうなと、運転士さんがちょっとうらやましかった。
乗客は、いちばん多い時で私をを含め6人だった。
こんなに空いている電車、他にはないかもしれない。
本を読んだり、眠ったり、ぼんやりするのに公共交通はいい乗り物だけど
地方ではどうしても車社会となる。
意識してみないとわからない公共交通機関の存在。


f0077807_2013347.jpg



電車から見た終点駅の姿はちょっと痛々しい。
ホームのお花はきれいだったけど、駅舎はちょっと・・・。
駅利用者も少ないけれど、せめてペンキでも塗ってきれいにしてねと思う。
この駅近くには、来年4月に大型店Maxvaluもオープンする。
もしかしたら、電車利用者も増えるかもしれないし
それに遠い将来、(ピンとこないけど)線路を使ってこの駅までDMVが走る予定もある。
辺りはちょっと賑やかになりそうな気配。
[PR]
by roman-tan | 2009-10-03 20:35 | 公共交通