アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

うつ病のサイン

「うつ病」という言葉をよく耳にするようになった。
軽いもので悩む人や、自殺までに至ってしまった話、身近なところで聞くこともある。

「不眠がうつ病のサイン」というが
不眠というのは、まったく眠れなくなってしまうのだろうか。
睡眠薬を飲んでも眠れなくなってしまうという。
緊張したり、心配事があって眠れないことはたまにはある。

癌告知を受けた時は睡眠薬を処方してもらったけど
結局飲まないですんだので、そのまま全部残っている。
薬をもらったという安心感からか、その晩からぐっすり眠ってしまった。
それと、考えてもしょうがないかとあきらめた。
あのまま深刻に考え込んでいったらうつ病になっていたかもしれない。
世の中いいことばかりじゃないから、うつ病になる材料はいくらでもある。
「心の風邪」といわれる「うつ病」
みんなもっと気軽に病院に行ったほうがいいのかもしれない。

身近にこんな取り組みがあったことを知らなかった。

眠れてますか(3) 働き盛り 不眠2週間 うつ病のサイン 受診を
(東京新聞 2009年10月16日)
不眠は、うつ病のサイン。静岡県と同県医師会は、同県富士市をモデル地区として「不眠が二週間以上続いたら受診を」と、睡眠キャンペーンを繰り広げ、自殺防止に成果を挙げている。日本の自殺者の中心は、四十代、五十代の男性たち。病気を認めたがらず、精神科受診をためらう働き盛り世代に「パパ、ちゃんと寝てる?」の呼び掛けが、心のバリアーを解かす。
 人口二十四万人の産業都市・富士市で、二〇〇六年から「富士モデル事業」としてキャンペーンを開始。「パパ、ちゃんと寝てる?」のキャッチコピーとともに▽疲れているのに二週間以上、眠れない日が続いている▽食欲がなく体重が減っている▽だるくて意欲がわかない-の三項目の設問を設け、あてはまる人にはかかりつけ医や専門機関に相談するように呼び掛けた。
 うつ病患者の90%以上は、不眠の症状が出る。仕事の緊張やストレスなどで一時的に眠れないことはあっても、休日を含め二週間不眠が続くのは明らかに変調だ。「パパ、ちゃんと寝てる?」の呼び掛けは、市内の路線バスの広告や横断幕、ポスター、カレンダー、地場産業のトイレットペーパーにまで広がった。
 その一方、内科と精神科の連携に力を注いだ。内科医が睡眠薬を処方することは多いが、うつ病の診断は難しい。二週間以上眠れず、睡眠薬の効果が不十分な場合は、地域の精神科のクリニックなどに紹介するように依頼した。検討委員会を定期的に開き、内科医と精神科医が「顔の見える関係」を築く中で、紹介数が増えていった。薬剤師会も、市販の睡眠薬を連続服用する人に医療機関の受診を勧める運動に乗り出した。
 キャンペーン開始後、同市内の自殺者数は、〇六年が六十四人(前年比14・7%減)、翌年が五十一人(同20・3%減)と大きな成果を見せた。〇八年は市町村合併により比較できなくなったが、ほぼ前年並みの数字という。


f0077807_19341793.jpg

[PR]
by roman-tan | 2009-10-20 19:36 | 発見