アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

バッタ

保護色で草に同化しているバッタ
バッタの親子だ、かわいい~と思ったけど
交尾中じゃないの、と言われた。
それにしては体の大きさが違いすぎる。
こやつが野菜をみんな食べてしまう。
ブラックバスがいた時は、捕まえて餌にしていたけど
ジャンプしすぎて水の外に飛び出て死んでしまった。

f0077807_17432133.jpg

バッタは卵 - 幼虫 - 成虫という成長段階を踏む不完全変態の昆虫である。幼虫と成虫は地上で生活するが、卵は浅い地中に産みつけられる。交尾を終えたメスは、地中に腹部を差しこんで産卵する。サバクバッタなどは普段の2倍くらいに腹部を伸ばして産卵する。卵はカマキリと同じように泡でできた卵のうに包まれ、1ヶ所に固めて産みつけられる。時間がたつと土中で卵のうが固まり、季節の変化や乾燥から卵を守る。

参考: バッタ・キリギリス・コオロギ図鑑
[PR]
by roman-tan | 2009-10-21 17:51 | 庭の植物