アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

政治家志望

先日、偶然にも20代半ばの政治家志望の女性に出会った。
しかも高校の後輩ということで、「まあ頑張ってね」ということだ。
何年後かの立候補に向けて準備をしているようだった。
その場には、夏の選挙で落選した方も現役議員さんも一緒だった。
女性ばかりだったわけだけど、バイタリティーが違うんだと感心した。

私にとって、「政治家」は興味も憧れの対象でもあり得ない職業だけれど
特に男性は20代、30代の時に、政治家を志望することが誰にもあるそうだ。
今回のようにな劇的政権交代を目の当たりにすると、そんな若者も増えているのだろうか。

お昼前のほんの10分くらい、ラジオで国会中継を聞いた。
藤井財務大臣の答弁だった。
とてもわかりやすい話と語り口で、もっと聞きたいなと思っていたらニュースになってしまった。
あの野次だけはどうにかならないのだろうか。
見苦しい議員たち、それだけでも嫌悪感が湧いてくる。

2大政党が理想だけど、まだ無理なんだろう。
選挙に勝つためだけに、民主党支援体制に衣替えの市長選なんて
末端は政治屋ばっかりみたい。

f0077807_1652883.jpg

[PR]
by roman-tan | 2009-10-30 16:57 | NPO法人