アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

日本の森が外国人に買われてしまう?

うすら恐い記事を見つけた。

日本の森が外国人に買われてしまう?(Jan Jan2009.11.16)

日本の森林にすでに外国資本が入っているという話、聞いたことがある。
アラブのお金持ちだっただろうか。
また中国、韓国で木材が近い将来必要になる。
そうなったら日本の山は、一気に丸坊主になってしまうという話も聞いたことがある。

「外国人に買われてしまいそうな日本の森」の話は、あちこちで生まれているのだろうか。
記事を読む限り、実際に起こりつつあることらしい。

山林を所有していても手入れができなかったり、二束三文だったり
売ってしまいたいと思っている人は多いのかもしれない。
それに、世の中不景気だし。

森林が林業という側面だけでなく、様々な機能があるということは案外知られていないし
どうでもいいと思っている人、結構多いような気がする。

中国の勢い、「前進あるのみ」みたいな貪欲さが恐い。
高度成長期のような日本みたいに、今度は日本に侵食してくるのだろうか。
考えすぎかもしれないけど、ちょっと恐い記事だ。

f0077807_19245287.jpg

[PR]
by roman-tan | 2009-11-16 19:29 | 森林