アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

チョウタリ(chautari)

チョウタリが来るというので出かけた。
お寺での演奏はとても趣があってよかった。

チョウタリとは、バンスリ(竹笛)とタブラ(太鼓)演奏のネパール人兄弟ユニットで
CDも何枚か出している。
もともとのネパール民族音楽をベースに、独自の世界を繰り広げている。
ネパール贔屓の間ではとても有名なグループであり
演奏もどんどん洗練されている感じがする。





このコンサートは平和についてのイベントの一部で
地元出身の元外交官のお話や、映画の試写会など盛りだくさんだった。
数々の国で大使を歴任された方のお話には
様々な角度から現実を見てきた人の迫力、説得力があった。
平和や戦争の話をすると、どうしてもその人の思想的背景が出てきてしまい
なかなか受け入れにくいこともあるが
豊かな経験からのお話は、とてもバランスが取れていた。

お寺という歴史ある空間、控えめだけど力強い主張(平和)が伝わってきた。
イベントがいつでもどこでも行われる昨今だけど
主催者の主張(テーマ)を明確に持つことはとても重要だと思った。
集客力とイベント内容に感心した。

f0077807_22283170.jpg


イベントの最後は、初めて訪れたお店でのネパール料理。
[PR]
by roman-tan | 2009-12-10 22:33 | Nepal