アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

視察

この数日間に、偶然にも対照的なお二人にお会いした。
分刻みのスケジュールをこなす与党の政治家と
夏に落選してしまった野党の元大臣経験者。

どちらの人物も立派な方だと思うけれど
置かれた立場による大きな違い、選挙に勝ったか負けたか。
政治家は選挙に勝たなくては何も語れない。
勝つためには崇高な政策話より、いかに人に受け入れてもらえるかを思案する。
かつては立派な法案に関わった方のそんな話は
選挙区民でない私が聞いていても、ちょっと切なかった。
求められる第三者としての意見はけっこう厳しいかも。

f0077807_17321794.jpg


昨日は久しぶりに小山(こやま)に登った。
そういえば退院後初めてのアウトドアだったけど、へっちゃらだった。

政治家に視察をしていただくため
ずっと秘書の方々と連絡をとって調整してきたけど
当日ドタキャンもありと聞いていたし
前日も新たな秘書から変更連絡が入ったり
政治家の秘書は金太郎飴みたいだと思った(次から次へと出てくる)。
どの秘書がトップなのか不明なので、最終案内に従う結果になる。
でも一番驚いたのは本当に視察に来てくださったということ。
地元の行政マンでさえ見に来てくれない所に
本当に分刻みにお忙しい中、東京から朝早く一人でやって来て
寝ぼけ眼で公園トイレで着替え、移動の車中で資料を読んで山登り。
的を得た質問、応答でその真剣さが伺えた。
もちろん、選挙活動の一部でもあるかもしれないけど
こんな姿、誰からも感謝の気持ちは自然に湧いてくる。

これからどうなるかも見ものなんだけど
活動報告をしているブログ、今日のアクセス分析を見ていたら
農水省からのアクセスがあった・・・偶然?
[PR]
by roman-tan | 2009-12-24 20:13 | 森林