アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

七間町

生まれ育った街の商店街、静岡市七間町
最近何度か訪れることがあって
老舗の天ぷら屋さんや美味しいコーヒーのお店を閉めてしまったと聞いて
人通りも少なくなった七間町がなんだか寂しい。
特に天ぷら屋さんは高校時代の先輩のお宅で
どんな用事があって訪問したのか覚えていないけど
後輩10人以上が突然、夕食時に訪れたら
即座にお座敷に通され、全員で楽しく天丼をご馳走になった思い出がある。
いったい何しに行ったのか・・・・。

この商店街にはいくつも映画館があったのだけれど
これも再開発ビルのシネマ・コンプレックスへの移転が決まった。
昔は大きな映画館もあり
学校の映画教室では、全校生徒で見に行ったこともあった。
映画館が並ぶこの通りはいつもとても賑わっていた。

全国的に郊外型大型店の進出で商店街が廃れ、中心市街地の空洞化が問題になっている。
静岡市は地元が団結してかなり対抗してきたけれど
今回の映画館移転は地元同士の対決であり、ちょっと異なるかもしれない。
移転先もどのように再開発されるのか、地元も注目していたわけで
どちらにも思い入れがある者にとっては複雑な気持ちだ。
ただ七間町が廃れると、その先にある商店街も影響を受けることになる。
これら予想されることに対し、地元も対策を真剣に検討している。
様々なアイデアを出し合いう姿は美しいなあと思った。

街も生き物だから、「昔のようにあらねばならぬ」わけではないのかもしれない。
住みよい街になるに越したことはない。
ただ、「住みよい街」がなんたるかで定義が種々飛び交う。

最近生まれた街のことに色々興味が湧く。
帰巣本能だろうか。

f0077807_18593564.jpg

河津桜

[PR]
by roman-tan | 2010-01-15 19:02 | 映画とか・・