アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

籔入り(やぶいり)

1月16日、寒い今日は『籔入り』
時代小説や商人モノの話に出てくる『籔入り(やぶいり)』

籔入りとは
もともと、嫁が実家に戻る事を「藪入り」と言っていたが、江戸・元禄の頃から奉公人が主人から暇を貰って故郷に帰る事を言うようになった。商家の奉公人は正月16日と7月16日の2日しか休みがもらえないのが一般的。「薮入り」の語源は、藪の深い故郷に帰るからという説が一般的。父を養う為に生家に戻るから「養父(やぶ)入り」という説もある。
落語『藪入り』、いいねえ。









[PR]
by roman-tan | 2010-01-16 21:01 | 映画とか・・