アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

デュアルモードの導入促進に関する調査業務 報告書

3年くらい前までは公共交通についてよく調べていたので
国土交通省のHPを見ることが多かった。
久しぶりにみて、ずい分変わっていて驚いた。
当然大臣も変わったわけだけど
以前の権威的なHPの感じはなくなっている。

f0077807_20343757.jpg


DMVは「公共交通活性化」という項目にちゃんと分類されている。
デュアルモードの導入促進に関する調査業務 報告書(本文)
(平成20年3月 国土交通省 総合政策局)
全国の営業運行、実証運行、デモ運行(H19年までの)の結果がまとめられている。
他市と富士市が比較できて興味深い。
富士市の場合は
導入背景
コンパクトなまちづくりを進めるための公共交通軸の整備
目的
・デュアルモードによる東西方向の公共交通基軸の整備(岳南鉄道、工場専用線等の鉄道施設を活用)
・岳南鉄道の存続・維持
活用領域・導入ルート
都市内の新たな公共交通
・市内の2つの核(富士駅、吉原地区)を連結
・新幹線新富士駅と富士駅との結節
・岳南鉄道の利用活性化
ヒアリングによる役割
・中心市街地の活性化
・生活交通の存続・維持
今後の取り組み
・ 基本計画案を策定し、パブリックコメントを実施中
・ 道路走行区間における速達性の検討(PTPS による実験)
・ 運営会社の設立
結局、現在はどの程度まで話が進んでいるのだろうか。
運営会社云々の話は聞こえてないけど
中心市街地活性化にDMVは無理ではなかろうかと思う。
車もハイブリッドカーが一般化していくだろう変化速度に
このDMV中心とした公共交通整備は遅れているという感じがする。
富山市みたいに、徹底した環境に配慮した公共交通を追及するならまだしも
誰もが首を傾げる政策で「いったい、誰がやりたいの?」というのが巷の声。
賛成派が見つからない・・・。

それでもパブリックコメントが募集された頃は興味を持つ人もあったけれど
最近はどうでもいいか、という雰囲気が蔓延している。
知らない間に、「あら、DMVが走っている!」という事になりかねない。

その他公共交通活性化について
ただ、予算の関係で変更もありそうだ。
[PR]
by roman-tan | 2010-01-21 20:35 | DMV