アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

鰹節削り

美味しそうな鰹節をいただいたので
長年の怠慢で使っていなかった鰹節削り器を使って鰹節削りをすることにした。

f0077807_19204972.jpg


市販で色々な削り鰹節が売られているので
その都度削る作業がつい億劫になっていた。
意外と年代モノのこの鰹節削り器
ネパールではとても重宝した。
鰹節を何本も持参して、これで削っていた。

「これは魚だよん」と
家で働いていたネパール人のオム君に鰹節を見せると
とても不思議そうに、「マチャ(魚)?」と。
彼は生か干した川魚しか見たことがないから当然だ。
しかも、それをタルカリ(カレー煮)でしか食べないから
日本人はへんな風に魚を食べると思ったことだろう。
でも日本に住むネパールの友人は、お刺身を美味しいといって食べる。
食習慣というものは・・・変化する。


鰹節は日本の風土にあった優れたたいへん保存食だ。
地域柄カツオといえば焼津
焼津鰹節水産加工業協同組合もある。
焼津鰹節の歴史もとてもおもしろい!
焼津鰹節のHP
焼津に行くといつも美味しい魚が食べられる。
マグロ消費量が日本一だそうだ。

また、鰹節には由緒正しい削り方がある。
鰹節の正しい削り方
そうか、それで私のは粉が多かったんだ。
きっと大工さんは鰹節削りが得意に違いない。
[PR]
by roman-tan | 2010-01-22 19:46 | 発見