アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

いのちを守る予算

昨日の続きで、興味のあるところだけのぞいてみた。

国土交通省・環境省予算のポイントはなんと見づらいことか。
地域公共交通ルネサンスをスローガンに
地域公共交通関係全体予算は194億円(H21は215億円)
路線バスの補助にも影響がでるかもしれない。

公益法人及び独立行政法人等の基金の国庫返納では
話題になった(財)こども未来財団のこども未来基金は300億円の国庫返納で
不思議な(財)全国土地改良資金協会の
土地改良負担金対策資金は594億円を返済する。

独立行政法人に対する財政支出はどれもなかなか面白いけど
中でも話題に上がったものでは
国立女性教育会館は4000万円減
それほどの額でもないけど、将来は?
国際協力機構は384億1900万円減
節約で埋め合わせが可能か否か。
宇宙航空研究開発機構は143億9000万円減
雇用・能力開発機構は212億5900万円減
事業仕分けで出た様々な対立は解決したのだろうか・・・
色々不思議は湧いてくる。

これらとは対照的に
子育て支援関係は増えているものが多い。

f0077807_19574997.jpg


少子化対策もあって子育て支援は手厚い。
子育て支援にも色々な種類があって驚いた。
[PR]
by roman-tan | 2010-02-09 20:34 | 発見