アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

安上がり

「“安上がり介護”に利用しないで!」NPO関係者らが怒りの声(CBnews)
介護報酬の支払いを抑えるためにNPO法人が利用されかねないと懸念する見方が相次ぎ、「『安上がり介護』に利用しないでほしい」(NPO法人暮らしネット・えんの小島美里代表理事)など怒りの声が上がった。
経済産業省が3月に開催した「地域生活インフラを支える流通のあり方研究会」で、地縁団体やNPO法人に、▽地域住民の漠然とした需要を独自のネットワークを通じて適切に把握する▽民間事業者や地方自治体に新たな事業の必要性を説明する―ことが求められた点などに反発。さらに、厚生労働省の「地域包括ケアシステムに関する検討部会」が昨年、NPO法人の関係者が参加していないのにその活用を視野に入れた提言をしている点なども問題視した。
詳細はわからないけど
どんどん怒っちゃってと思う。
ただ世の中の不景気は、NPOじゃなくても安上がりを要求されて
会社も色々大変なところも多い。

介護保険がらみはNPOの中でも経済活動が活発というイメージがある。
新しい公共が「安上がり公共」というだけではしょうがない。
介護のことはよくわからないけれど、大変な仕事だと思う。

私の周りでは、「安上がり」でやらされているからと
やたらに強気で攻めてくるNPOが気になる。
お金もらってないのにやっているんだからって
こっちが悪いみたいに高飛車な物言いで攻めてくる。
そんなに嫌ならよせばいいのに、とか
そんなこといわれたって云々と、言い返したいと思っても
火に油を注ぐ結果になりそうなので聞き過ごす。

サービスを提供する側は受益者の立場に立たないといけない。
それは行政もNPOもお店も同じはず。
NPOは民間に属するはずなのに
最近は行政みたいにえばっているNPOが目立つ。
そういうのは結局自己満足系お楽しみグループが多いけど
今日もなんかヘンテコなのに出会ってしまった。
冷静に考えれば考えるほど、理にかなわない。
会ってみたところで理解は難しいし
相手を変えることはできないだろう。

別れるには、仲良くしたふりをしてサヨナラが一番いい。

f0077807_2141581.jpg

[PR]
by roman-tan | 2010-05-13 21:44 | NPO法人