アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

嫌われモノ

キキョウは秋のイメージなのに、もう咲いている。
やっぱり秋の七草だった。

昔から武士に好まれ
家紋、江戸城には「ききょうの間」や「桔梗門」の名もある。
桔梗門を探していたら、皇居参観ガイドに辿り着いた。

f0077807_20492360.jpg


事業仕分けに引っかかって、将来を検討中の市民活動センター
利用者と県とのやり取りがなかなか興味深い。
質問ももっともだし、回答も納得できる。
ただ、センター利用者は直接受益者であり
その意見だけを聞くのは偏っているような気がする。
間接的は受益者として、一般的な意見ももっと聞くべきだと思う。
利用者は誰に聞いたところで、必要だと答えるに決まっている。

失敗からの学習で、かなり慎重な県の姿勢
慎重だからどの質問にも明確に回答しているけれど
大きなビジョンや目標は常に曖昧にしてきたような気がする。
知事が変わっても同じ。
確かにいえることは
センターのやり方のいい悪いは別として
公務員じゃあの金額で、あれだけ働かないでしょと思う。

それと、県というのは、ホント市町に嫌われているんだって感じる。
「関わらないで」という無言の意思を発散している。
県の高ピーな態度が嫌われるのは仕方ないとも思う。
国もきっと県にそういう態度をしているんだろう。

市町と連携してというけれど
これまで作り上げてしまった上下構造の中では、それはあまりに難しい。

空港の立木問題や、裏金問題もあったし、勝手な処理など
行った先で感じる県のイメージは「嫌われモノ」
なんか情けないけど。
[PR]
by roman-tan | 2010-06-17 21:43 | NPO法人