アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

セクハラ・アカハラ・パワハラ・モラハラ

なんか・・・
アカゲラの親戚みたいな言葉

セクハラって何?
個人的にはウダウダせずにこういう対処法でと思うけど
そんなわけにもいかず、当事者で色々困っている人も多い。
日本はセクハラに寛容な社会だと思うし
男女差で受け取り方もかなり異なる。

第3者としては
  事実確認(客観的事実・証拠)
      ↓
    改善命令
      ↓
   改善が認められなければ厳しい対処


で、淡々と処していけばいいと思うのだけれど
事実確認の段階で何でモタモタするのだろう。
周りが色々と感情移入しすぎ
事実に基づいて対処していけばと思う。

こんな言い訳も成り立たない。
「そんなつもりはなかった」
  ⇒相手が嫌がっている
    周囲が不愉快で証拠は充分
「好きだった」
  ⇒恋愛が下手すぎ(プロセスが間違ってる)
    個人的な問題で処理すべき
   
セクハラ・アカハラ・パワハラ・モラハラ
色んなハラスメントがある。
どんなんか考えているだけで頭が痛くなる。
定義もかなり主観的な側面も多いけど
理不尽であったり不快な対応を受けたら何らかのハラスメントなのかもしれない。
もちろんこちらに明らかな原因がある場合は除いて。

エジプト、セクハラ情報を提供 ウェブサイトに被害地図

職場のセクハラ経験率は日本6%、インドがワースト1位

スウェーデンは3%とかなり低い。
アメリカ人でスウェーデンに住んでた友人は
完璧にアメリカ人男性の性差意識とは異なっていた。
教育が徹底しているという気がした。


女性も試練を受けて
したたかに生き抜く術を身につけていくんだけど。
まあストーカーになると別次元の話になってくるかも。
[PR]
by roman-tan | 2010-12-15 21:10 | 発見