アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

ナガミキンカン

今年は豊作のキンカン
だけど、なぜウチのはフットボール型なんだろうと思っていた。
ちゃんとナガミキンカンという名前があることがわかった。
ナガミキンカン

f0077807_20171958.jpg


キンカン(金柑) Kumquat 果実を食用、薬用にするミカン科の常緑低木。柑橘類のひとつである。中国、インドシナ原産で、日本の暖地や、アメリカのフロリダ州、カリフォルニア州などでひろく栽培されている。まるい実がなるマルミキンカンと、楕円形の実がなるナガミキンカンの2種がある。どちらも果肉は酸味が強く、果皮はあまくて味がよい。観賞用植物として庭木や鉢植えで栽培されている。日本では初夏から秋にかけて、白い小さな花が2~3回さく。


こんな話も
江戸時代に清の商船が遠州灘沖で遭難し清水港に寄港した。その際に船員が清水の人に砂糖漬けの金柑の実を送った。その中に入っていた種を植えたところ、やがて実がなり、その実からとった種が日本全国へ広まった。
「ウィキペディアより」

キンカンは喉にいいとか
色々な効用もある。

以前キンカン酒にしてみたが
甘みが強すぎて(甘いお酒が嫌いなので)まだ残っている。

今年は甘露煮を作ることにした。
おせちのいただきものの甘露煮がとても美味しかったので
作ってみることにした。
[PR]
by roman-tan | 2011-01-17 20:38 | 庭の植物