アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

新しい公共支援事業⑤

使えない支援申請事業

この支援申請とその実施事業の関係がイマイチぴんとこない。
実際にまだ事業が始まっていないせいもあるけれど
①NPO等の活動基盤整備のための支援事業
②寄付募集支援事業
③融資利用の円滑化のための支援事業
「使えない~」と思う。
他県はどうしているんだろう。

支援のレベルも支援の種類も色々あるのに
訳がわかっているのかどうかの
時々トンチンカンな質問をする方もいる委員たちが
ものすごい数の項目を審査する。
実際の支援を受けれるまでの労力と時間を計算したら
自分で工面した方がお得かもしれない。

間に入るのも疲れる。
必要とする支援というのは色々ある。
高~いレベルの支援もあるし、初歩的なものもある。
支援というのは初歩的な稚拙なものであるというのは誤った認識。
自己の力の限界を知るからこそ、不足部分が明確化できる。
その支援を特化して明記してもいいと思う。

おそらくこの事業そのものが
何もできないどうしようもない団体への支援事業と定義づけているのだろう。

求められる支援、してあげればいいじゃないって思う。
手を差し伸べてあげればいいじゃないって思う。
成果をきっちり求めればいいことでいいじゃないって思う。
他の事業に比較したら、たかだか知れたもの。

支援をしてほしい側の要望と
支援提供を決定する側の意見の食い違い
この溝を埋めるだけの説明を私にはできない。

こんなやり方だと
きっと事業費はかなり残って国へ返すことになるんだろうなって思う。
[PR]
by roman-tan | 2011-07-27 21:38 | 新しい公共支援事業