アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

プレゼン審査

私がプレゼンするわけでも審査するわけでもないのになぜか緊張気味。
色々話を聞いている件に関しては、クールな私も思い入れが出てきてしまう。
あの委員には理解できないだろうなあとか
知らないうちに企画の質より審査員の質を問うてしまう。

前回のモデル事業のプレゼン審査からの改善点は
  ①事前の仮審査を行っている点
  ②非公開の審査についても、後日ポイント程度報告予定という点

①に関しては、前回も申請書類を審査員に送付した。
プレゼン後に採点、審査票を記入したので集計にかなりの時間を要した。
今回も資料は送付するが採点は当日にするといわれた。
審査員に申請書類をしっかり目を通してもらうためにも
入力時間の短縮のためにも事前仮審査をやりたいとしつこくお願いした。
結局、やるならやっていいよということになり実行した。
うまくいくかな。

②モデル事業の採択について
「なんであの事業が選ばれたんだ?」という質問を受けることがある。
審査には関与していない立場としては
「公開資料をご覧ください」と説明する。
採択理由等を簡単に報告した方がいいのでは?と県に伝えてみると
全ての情報を公開しているからその必要はないという。
申請書類も申請結果の採点表もみればわかると。
理解できないのは、見る側の責任だと
伝えた私が責められているような雰囲気になってとても嫌な気分。
ところが今回、非公開部分の内容については簡単に報告しようとということになった。
え、もしかして聞いてくれたのかな?
まず否定しながら、そして考え直してくれたのかなと。

対等だから自由にやっていいよといいながら
向こうの方が全てにおいて力持ちなわけだから
太刀打ちできないことが多い。
そういう時はしつこくメールで伝えたり
何気なくつぶやいてみたり、別の方法を使ってみる。


何でも言ってみるもんだと思う。
聞いてくれていないみたいで、ホントは耳を傾けてくれているんだ。
でも私側の意見より、県の意見が優先なんだから
お伺いを立てた結果のことなんだろうな。
県庁の中よりも世の中の方が先を行っているのは事実だから。


今朝はいやに秋っぽい。
今日こそは落ち度なくできるかな。
[PR]
by roman-tan | 2011-08-29 06:50 | 新しい公共支援事業