アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

地獄の釜の蓋

f0077807_14273379.jpg名前がすごくて大切にしていた
「地獄の釜の蓋」が庭に咲いた。

本名は、シソ科キランソウ
民間薬として利用され、
地獄の釜に蓋をして
病人をこの世に追い返すということから
名前がついたそうだ。

結石、腎臓病、高血圧には、煎じて飲む。
腫れ物、おできには、葉の絞り汁をつける。

f0077807_14405634.jpgこんな野草ばかりだから
庭は雑草だらけみたい。
タンポポもきれいだけど・・・
そろそろタロチャンの出番か。
ロハス的、草刈ヤギの登場・・・・
タロ!喜べ、エサいっぱいだ。
[PR]
by roman-tan | 2006-04-17 14:52 | 庭の植物