アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

言葉狩り

ジェンダーフリー」という言葉
「混乱を招くので使わない」と、内閣府が通知した。
その結果、福井県では関連書籍が撤去されたそうだ。

あまりの馬鹿馬鹿しさにあきれてしまう。
行政がこんなこと真剣にやってるかと思うと、情けない。
こんなことは、日本男性の発想でなければできないことだろう。
(もちろん良識ある男性も、多数いるに違いないけれど)

アメリカでは、過激なフェミニスト友人がたくさんいた。
でも、彼女たちの話も
「それって、へん」と思うこと、よくあった。
日本人男性と結婚したアメリカ人女性
「もう絶対に、日本には住みたくない」と言っていた。
女性に対するきまりが多すぎて、居心地が悪かったらしい。

言葉は単なるツールにすぎないし
自由に使えるモノでなくてはいけない。
言葉がなくなくなったからといって、差別はなくならない。
大切なのは、使い方を知ることだ。

とても恥ずかしい「内閣府の通知」だと思う。
[PR]
by roman-tan | 2006-05-12 19:11 | 発見