アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

路線バス

隣の市へ路線バスで行ってみた。
電車料金の3倍、所要時間は4倍、1時間に1本

路線バスの廃止に歯止めが利かない。
バスを動く公共施設と多くの自治体が位置づけているが
利用者少なければ、公共施設にはなりえない。

ぼんやり車窓を眺める旅ならいいけれど
私の街での日常生活に、バスはやっぱり使えない。

公共交通に関する事業を継続している。
特に、移動制約者のため新しいシステム
便利に慣れすぎてしまった人々が
不便の中にゆとりを見出すことは至難の業だ。

今年もまた、バスにつきあうことになる。
[PR]
by roman-tan | 2006-05-13 19:24 | 公共交通