アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

総会と講演会

昨日はNPO法人の総会だった。
今年は、こじんまり静かだったが
決算や資料について、何度もみんなで見直しをした。
その点では、空騒ぎのいつもの総会よりよかったと思う。

午後は、講演会
総会とは打って変わって、190人以上が集まった。
東京からの講師の話も面白かったけれど・・・
ただ、なんていうんだろう。
「10代の問題」といえば、論じやすいけれど
「性について」となると、難しいテーマだと思った。

その中でも、気に入った言葉
「思春期の若者に対する健康と権利への投資は、
                次世代に大きな利益をもたらす」
                       ~世界人口白書の言葉~


ネパールで、女の子がさらわれてインドの売春宿に売られ
エイズになり村に帰ってくるが、大きな差別と偏見の中で死んでいく。
幼児婚、ひどい中絶方法で命を落とす女性・・・
子供の性にまつわる悲惨な話は、どこにもある。

日本の場合は、貧困や悪習のせいではなく
経済も情報も豊かな社会の中で翻弄され
自律がきかなくなったせいだろうか。
[PR]
by roman-tan | 2006-06-18 08:17 | NPO法人