アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

私の夢

小さい頃は、獣医になってアフリカに住みたいと思ってた。
でも、手術に耐えれそうにないので・・・あきらめた。
それから、具体的な夢を持つことは長い間なかった。
結婚したいとか、暖かい家庭を持つとか、そんな夢を持つべき年齢になっても
あまり、興味もなかった。
結果的に、普通の生活をしているけれど。

そんな中で、ひとつだけ思っていたことは
子どもを連れて海外で仕事をして暮らすこと(夫はいれば、それもいいけど)だった。
ザンビア日記を読んで、カトマンズでの懐かしい生活を思いだした。

かわいい盛り2歳の娘は赤痢、腸チフスにもなる。
水・電気の中断され、日常生活の維持に時間と神経を費やした。
しかし
娘を通じてのつき合い
夫の仕事のスタッフとして
私の大学や活動を通じての友人
毎日が刺激的だった。
異文化での生活は、本当に貴重な体験だった。
物質主義のアメリカ生活後だったので
そのギャップもすごかった。

世界は広い。
そろそろ、またどこかへ行きたくなる。
[PR]
by roman-tan | 2006-06-23 08:16 | 発見