アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

「コミュニティーバス続々ー市街地活性化や高齢化対応」

f0077807_15101199.jpgこんなタイトルで
先日の取材が記事になっていた。
住民ぐるみの維持策必要
こんなサブタイトルもついて
記事の中に事例として
取り組みが取り上げられている。
記事、何点あげようかな。
f0077807_15131823.jpg


最初、NPOが公共交通に取り組みたいといったら
行政は「身の丈のことをすれば・・・」と素っ気なく
「どの丈じゃ? 竹か?」と聞き返そうと思った。

「道路運送法」一部が改正され、地域住民との協働が重要視されるようになった。
だからといって、地域はそれほど積極的でもない。
「あればあったでいいけどねえ。まあ、しょうがないか・・」が一般的
少数派のバス利用者だけが、困ってる。

バス終点付近の風景
梅雨時の海は、鉛色
周辺、やたらに捨て猫が多い。
汚れて病気のような、奇妙な絵柄をしょったネコに
「お写真を」といったら、ポーズを取ってくれた。

かわいそうな捨て猫
気の毒な、バスの行く末を心配する利用者
[PR]
by roman-tan | 2006-07-07 15:41 | 公共交通