アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

朝顔〈ヒアリングNo.7)

朝出掛けに、朝顔が咲いているのを見つけた。
大雨が降ろうが、暑かろうが、寒かろうが、夏になれば朝顔だ。
人の気持ちもお構いなしに、自然は季節に従順だ。
f0077807_1639144.jpg


考えたら、日本人にこんなに継続的にヒアリングをしたことはなかった。
意外と、皆さま、親切にお話してくれる人が多かった。
見も知らぬ人に声を掛けるなど、仕事じゃなけりゃできる性格ではない。
アメリカ人みたいに、目が合えばニコッとするわけにもいかず
最初の”ひとこと”は勇気がいる。

「バスについて」というだけど、「関係ないね」と
冷たいのは、60~70歳代の男性
この世代が町内会を牛耳っているから
バスを本当に必要としている人(高齢の女性)の声が、全く届いていない。
どうやって伝えようか、作戦を練る必要がある。
でも・・・・
ヒアリングする側のNPOも、この世代の男性ばかりなんだよね。
[PR]
by roman-tan | 2006-07-21 17:04 | 公共交通