アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

社会実験の結果?

平成17年度の国土交通省社会実験は、こんなにもあった。

自然科学の実験は、結果が必ず次のステップにつながっていくと思うが
この社会実験というのは、よくわからないことが多い。
実験というよりは、イベント的なもので終わっていることが多いような気もする。

17年度の事例の中に、私の生まれた街で行われたものがあった。
確かに、実験の最中は地元紙にも載っていた。
けれども、問題はその後だ。
相変わらず郊外の大型店へ人は流れ
中心商店街の活性化に、実験の結果が活かされている様子も見られない。
特別な何かが行われている形跡もない。

色々な試みはやってみるにこしたことはない。
でも、化学実験みたいな積み重ねをちっとも感じない。
その場限りの華やかさは、イベントのショーみたいだ。

小さな時から馴染みの深い商店街なので、余計にそう思うのかもしれない。
イベント的な薄っぺらな仕掛けで活性化させようというのは止めてもらいたい。

こう思うのは、年をとったからだろうか。
[PR]
by roman-tan | 2006-07-26 14:17 | NPO法人