アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

Bus

コミュニティバスについての、ヒアリング・アンケートの集計をしている。
予想以上に、コミュニティバスの利用者は少ない。

ベトナムでも、バスの状況が気になって観察した。
道路にあふれんばかりのバイクが走る。
中国製のバイクなら、200~300ドルで買えるそうだ。
そのせいか、バスは走っているけれど
それほど混んでいなかった。
二人乗り、三人乗り、ひどい時は家族四人乗りという光景もある。
日本の車と同じ役目を、ベトナムではバイクがしていた。
「排気ガスで環境に悪いから、バイクを止めてバスに乗りましょう」と
たとえ、社会主義のベトナム政府が宣言しても、バイクは減らないような気がした。
ベトナムは、人のエネルギーの方が勝っている。

私の街での「バスに乗りましょう」も、これと同じように思う。
PRによって、一時的な利用増加はあったとしても・・・
それは、エネルギーというよりは個人主義かもしれない。

バス以外には、シクロという自転車で主に観光客を運ぶ交通手段もある。
ネパール(テンプーという)、タイでも三輪車タクシーが走る。
国によって、それぞれ独特の交通手段がある。
街にあった、需要に合った独自の交通手段はないだろうか。
[PR]
by roman-tan | 2006-08-19 21:36 | 公共交通