アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

将来

自分たちのNPOの将来について、今日の理事会でも話し合った。
行政と利害関係のある人や、関りのある人たちが理事には多い。
利害関係がある人とは、もともと自分の仕事を行政から請けている人
古くから行政との関わりが深く、市長とも顔なじみの人たち

市長の公約で活動が始まったという批判
金太郎飴に近い人ばかりで構成されているために受けている批判
行政との利害関係や、しがらみが絡みあいすぎる批判
そういった批判は、耳には入っていないだろうか。

志がバラバラで、NPOの核となる人がいないように思う。
離れていった人も何人かいる。
利害関係のある人は、NPO情報や行政との関係は大切だから
止めるわけにいかない。
ゴルフの合間のNPO活動も聞いたことがない。

将来について、色々な案が出た。
自分たちの理念や哲学を確立するよりも
言いだっしぺの市長の意見を確認する予定だという。
やっぱり、NPO法人としては、おかしな団体だと思う。

私の理事任期はあと9ヶ月
立つ鳥跡を濁さず・・・か
[PR]
by roman-tan | 2006-08-28 22:28 | NPO法人