アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

終わりの続き

今抱えている仕事を終えたら
このNPO法人とは何の関わりも持たないかもしれない。
とても大切な役割を果たすべきNPOだと思っていたし
それなりに、いつも頑張ってきたつもりだ。

任期が終わるのを期に、責任から逃れたい。
何をするにも問題はあるに決まっているけれど
NPOとしてミッションが
根本的な部分でやっぱり最後まで共有できなかった。
本当は、そんなカッコいいことではないのかもしれない。
来年度の事業計画を聞きながら、そんなことを考えていた。

市民のニーズや意見を集約して、提言することが
どういうことなのか、まるでわかってないような気がした。
同じルートの人間関係や利害関係で成り立っている。
ここに住んで10年余りの私には、入り込む余地もない。
そこでもっと頑張るべきだったのかもしれない。
でも、一緒に頑張れる人が内部にはいなかった。
私は闘うということが、苦手なのかもしれない。

行政から多額の委託金があり
一般のNPOからみたら、ずいぶんと恵まれた環境にある。
だからこそ、市民広くから・・・とか
色々考えてきたのだけれど
もういいか・・・と思う。
石の上にも、3年以上が経った。
[PR]
by roman-tan | 2006-09-27 22:34 | NPO法人