アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

死ぬまでにしたい10のこと

秋の夕暮れは、以前見た映画のワンシーンを突然思い出すことがある。
「死ぬまでにしたい10のこと」
この映画を見た時
死期がわかった時、私は何をするだろうか考えた。

自分は何事にも、あまり執着しないタイプだと思っていた。
それが、子どもが産まれた時、この世の中にすごく執着心が湧いた。
だからこの映画、とても印象強く心に残っている。

生きることには、いろんな形がある。
天寿を全うするまで健康な人
長く病床にある人

けれど、命にはいろんな重さがある。
日本なら助かるだろう簡単な病気や怪我で、ネパールで死んだ人
命の重さは平等でないと思った。

「生きている」というだけで、神秘だと思う。
その魔法は、いつか必ずとけてしまう。
もし死期がわかったら・・・
私は特別なことはしないで、日常を送りたいなと思う。
[PR]
by roman-tan | 2006-10-07 05:58 | 映画とか・・