アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

履修科目問題

Excite エキサイト : 社会ニュース
受験生予備軍を持つ親としては、気になる話題だ。
来年の選択科目について、入試科目とのすり合わせの相談を受けたばかりだった。

高校生になったばかりというのに
夏には説明会もあったし、面接もあった。
この時期に、ここまで決めなくてはいけないのか。
私の頃は、ここまでではなかったと思うけれど・・・
入試の世界は深刻だ。

子どもに自立してもらいたい、とは強く思うけれど
進路については本人が決めればいいと思って、あんまり熱心とはいえなかった。
けれどここ2,3日、この事件がおこってから急に心配になって聞き込みをしている。

『情報』という科目、何でこんなのやるの?と思ったけれど
必修科目だったんだ。
幸い、娘の学校は問題なかったようだ。

子どもには全く罪はない。
保護者にもわからない。
誰かのせいにしあっているようにもみえる。
ルールは、やっぱり守らないといけない。
虚偽の内申書を書くことは不正行為であり
この重大な問題、どう収拾させるのだろうか。
多くの学校が関与していたということが、とても残念だ。

ただ、受験というテーマの力はすごい!
どんどん引き込まれて、マインドコントロールされていく。
教祖様は『合格の女神様』、新興宗教みたいなものだ。

オットット、軌道修正しないと、つい信者になってしまいそう。
[PR]
by roman-tan | 2006-10-27 18:52 | 発見