アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

なぜ、DMV(デュアル・モード・ビークル)か

なぜ、この街の新しい交通システムがDMVなのか
多くの人にあまり知られていないような気がする。

まずは、JR在来線と新幹線駅の接続にはさまざまな案があった。
 ① 既存JR延伸        130億円
 ② ガイドウェイバス(?)   30億円
 ③ IMTS+新駅設置     57億円
 ④ 新JR線+歩く歩道     33億円
 ⑤ LRT〈路面電車など)    26億円

(* 検討過程・数値は市のHPでは公表されていないが、誰でも手に入る資料には明記されている。こういう数値って、とても説得力があると思うのだけれど・・・)

これらを検討してみたが、具体的な決め手がなかった。
また、接続問題に留まらず市全体の交通体系を見直した結果
比較的費用の掛からないDMVが登場したのだ。
ただ、身の丈にあった安価なDMVということだが
車両価格以外の具体的な数値は公表されていない。

DMVの正当性が弱すぎる、というか説明が足りないと思った。
まだ社会実験の段階なので、この街にあっているかどうかはこれからの問題だ。
新交通システムとして
なぜこのDMVを選択したのか、明確な理由付けを公表すべきだ。

先日、今回のDMVの試験走行に関る費用について問い合わせがあったけれど
知りたい市民は多いだろうなと思う〈担当課からの回答待ち)。
広報では「DMVの導入検討事業」は1,083万円となっていたけれど
鉄道会社は2,000万円でお願いされたということだった・・・?

DMVには市民の関心も高いし、明細を示すようお願いをした。

今月、「都市交通とまちづくりを考える」シンポジウムが開催される。
~DMVがまちを変える~ということだ。
私のNPOからもパネリストが参加するので
ここで明記する必要があると思う。

ブログでの意見は、あくまで私見であり
情報請求も一市民として行なっているので
文責はroman-tan!

[PR]
by roman-tan | 2007-01-04 17:24 | DMV