アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

インチキくさいNPO

あるNPO法人について調べていたら、東京都の市民活動HPにたどり着いた。

NPO数がひと桁違うせいもあるだろうけど
東京都では都がNPOの認証を取り消す場合もある。
同じようにNPOが検索できるが、明記してあった面白い記述
注)ここで掲げられている法人に対して、東京都がお墨付きを与えているわけではありません。市民が行う自由な社会貢献活動は、行政による監督ではなく、市民によってチェックされることが望ましいという考えから、NPO法では法人の情報公開を義務づけるとともに、縦覧・閲覧制度を取り入れています。したがって、この法人制度は、所轄庁が「お墨付き」を与えるというものではなく、個々のNPO法人の信用は、法人の活動実績、情報公開等により、自ら築き上げることになります。
東京はさすが、色んなNPOがあるんだと感心しながらも、ちょっと恐い。
調べていたのは東京都認証の健康関係NPO
非営利では情報のみを与え充分啓発(洗脳?)させた後
直接リンクした自分の会社で製品を買わせる。
健康ブームにのったインチキくさい健康食品・製品販売だ。
信用度を高めるNPOを使って、高齢者もだましたリフォーム関係の例もあった。

そこで見つけた『米国財団法人野口医学研究所』というわけのわからない組織。
アメリカのHP(検索してもない)もないし、組織図を見ると
なぜか有)野口医学研究所が併設していている。
ここからの推奨書をもらった健康製品として、自信(?)を持って売り出していた。
推奨書を出してるこの組織も、何だかよくわからない。
有限会社の推奨書では効力がないから『米国財団法人』なの?
でもアメリカの財団法人が、そんなに信用できるのか不明だ。
日本では公益法人の見直しがあり、財団も厳しくなる。
だから、『米国財団法人』なのかもしれない。
同じような疑問を持つ人は他にもいるらしい。
野口英世の名を悪用?する不審な団体(1)
インチキダイエットとグーグルダンス
野口英世も不本意ではないかと思う。

インチキくさいNPOになるよりも
消費者にはバンバン売り込むお店である方がわかりやすい。
隠れ蓑を使うところがかえって嫌らしく感じる。


まあ、私のとこもインチキくさいNPOかもしれないけど・・・
[PR]
by roman-tan | 2007-02-26 12:22 | NPO法人