アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

匿名性

私のとこのNPOがもう限界だなと思うのは
典型的な悪い形になりつつあるからで
行政の一部がNPOと名前を変えたに過ぎないようなことばかりしていること
特定の利害関係者が牛耳っているということ

情報通信政策フォーラムというのがある。
そこの設立主旨からの引用だけど、わかりやすい。
パブリックコメントは「聞きおく」だけに終わりがちです。政府系の研究機関では批判的な提言は封じられ、民間シンクタンクも政府の委託研究で経営を維持しているため、欧米のように民間を代表して政府に 論争を挑む役割を果たしていません。特に電波については、メディア(テレビ・新聞)自身が利害関係者であるため、客観的な報道は期待しにくいのが現状です。
また、ネット上の情報に関連して面白いブログ
匿名の暴力(池田信夫ブログ)
ブログに限らずネット上では匿名性が高い。
ハンドルネームであっても、その人のHPやアドレスがわかる場合は
知らない人でも何となく正体はつかめるので
距離を保ちながらの信頼関係は保てる。
ニックネームでも明らかに顔の見える場合もある。

完全なる匿名性
思慮深い節度ある匿名性は公益をうむけど
軽薄で悪意のある匿名性は武器になる。
この前の変なコメント
内容も思慮深くないと思ったし、武器に近かったし、正体つかめないし
ブログ初めて1年たったけど
あのようなタイプ初めてだったので
今後の方針を考えないといけないと思った。
ちょっと難しく考えてみたけど
要は、ここは私の部屋みたいもんだ。
中に入れるお客様は選ばせてもらおう♪





f0077807_23424594.jpg
f0077807_23425946.jpg


              今日はまた寒い日だったけれど
              庭は『春いっぱい』という装いだ。
              モンシロチョウも飛んで
              菜の花は、おいしそうだし

[PR]
by roman-tan | 2007-03-07 23:53 | NPO法人