アビシュカール

alpinetaro.exblog.jp

ネパール語で「発見」

「補助金」と「委託料」

3月23日、日本経済新聞地方経済面
「山梨県教育委の補助金・委託料、区分のあいまいさ問題――包括監査人、知事に報告」
山梨県教育委員会の補助と委託の不明確さ、委託事業における随意契約の割合が高い点などを指摘されたそうだ。委託を「県が行うべき業務を民間に任せる事業」、補助を「民間が行う事業のうち公益性の高い部分に対する助成」と性格付けした上で、補助事業全般について「交付開始から長期間が経過しているものが多く、補助の打ち切りや委託事業への変更を検討する必要がある」と提言し、実際に教職員互助会補助金を18年度から委託事業に改めた結果、約1億3千万円の経費節減につながった事例も示した。委託事業についても92%が随意契約となっている点を挙げ、「競争入札が望ましいという原則にそぐわない」と指摘、百万円以下であれば随意契約が可能という財務規則を踏まえ「随意契約とするために、一つの事業を分割したと思われる事例もあった」と指摘した。
補助金」と「委託料」というのはわかりにくいなと思う。
モノはいいよう、みたいなもので言い訳ができるからだ。
いつだったか、役所の人にこれは補助金みたいな事業なんだからといわれて
委託」は「お願いする」で、「補助」は「くれてやる」というニュアンスなんだと納得した。
どっちみち、税金なんだけど・・・
誰もが納得できる基準は必要だけど、誰かの恣意的なものになりがちなので難しい。
選挙も絡むんだろうし・・・・

包括外部監査人(弁護士)が提言するから、知事さんも言うことも聞くのだろう。

f0077807_20413335.jpg

           ホワイト・クリスマスローズが、隠れるように咲いていた。
          たしか、赤紫のクリスマスローズが咲いていた株のはずなんだけど
          劣性遺伝か、まあ白もいい

[PR]
by roman-tan | 2007-03-26 20:51 | NPO法人